ハイジ保育園「ほっとできるところ たのしいところ」 | 2015年12月号「踏み台」 茨城県つくば市 月極保育 週2~3コース

*

2015年12月号「踏み台」

この冬も体調崩しながらもみんな元気に過ごしています。月曜日は特に元気で男の子はあっちこっちで戦いごっこが始まります。公園でも戦っていましたが、、、せいくんとひびくんのケンカが急に始まりました。ひと回り体の大きなひびくんの方がどうしても強くて、いつもせいくんが泣かされています。しばらく見守った後「せいくん、、、ひびくんにやられてばかりだからもう遊ばない方がいいんじゃない?他にもせいくんと遊びたい子いるよ?」と声をかけました。せいくんは優しいので男の子にも女の子にも人気です。
のりこはひびくんに話を聞いています。「間違って当たっても謝らないから許せない!」と、、、近くで見守っていたあいちゃんにのりこが「あいちゃんはどう思う?」と聞くと「謝らなくても許してあげるよ。だってかわいそうだもん!」と、、、それを聞いたら一気にひびくんの顔が変わったらしく、、、そしてせいくんと遊ぶ!と走って行ったそうです。

あれれ??ちょっと待ってよ~!金曜日トランプであいちゃんとななちゃんで揉めに揉めて、仲裁に入った私があいちゃんに指を引っかかれ少し血が出た、、、そしてあいちゃんに会う度に「ここ痛いんですけど~っ」って指を見せびらかしていました。結局夕方になって苦笑いしながら「ごめん、、、」って言ったのですが、、、きっと一日中しつこく言われてあいちゃんはかわいそうって気持ちだったんだな~私は相変わらず大人な対応は出来ないな~と、、、
毎日のように子供も大人も気持ちが、、、心が、、、行き交ってる感じです!!

はるくんママが朝からお疲れの様子です。どうしたの?と声を掛けると

はるくんママ、、、毎日出掛けるとあれ買って~これ欲しいって大泣きで大変なんです。
ゆうこ、、、えっそうなの?今までは?
はるくんママ、、、今まではこんな事なかったのに、、、
ゆうこ、、、でもよかったね!はるくんは自分を出せて、、、
はるくんママ、、、そうなんだけど、一回も自分は親にあれ買ってこれ買ってなんて言った事
ないからどうしてそんな事言うのっ!ってなっちゃうんです!
ゆうこ、、、そっか~今はるくんはオレをどこまで認めるのか?どこまでこの踏み台は強
いのか試してるとこだね、、、それが試せて良かったんだよね。
はるくんママ、、、そうなんですよね。自分がいろんな面で苦労したのではるくんには自分を持っ
て生きていってもらわないとって思ってはいるんですけどね~

という会話がありました。

踏み台が大人だとしたらそこをステップとして子供はジャンプする。そこから周りの人と関わって初めて友達が出来たり、何かに挑戦してみようって気持ちになれるのでは?って思っています。
この踏み台はどうだ?今は大丈夫?と試されてる感じ、、、例えば見た目は強そうで丈夫な踏み台でも中身はスカスカだったり、、、どうみてもきゃしゃな踏み台でも中身はすごい芯の通った踏み台だったり、、、今はちょっと踏み台としては使えない状態の場合他の踏み台へ。逆にあっちの踏み台弱ってきたからこっちの踏み台へおいでっ!といった感じ、、、みんなで助け合いながらの生活。
一人の子供に10台くらいの踏み台があればいいのかな~って思います。子供の本能であちこち動いて自分に合う踏み台を見つけて自分でステップアップしていってもらえるように、、、って感じが理想です。

でもこれまた親子となると難しいですかね~??子供の事より自分の親の事で悩んでいる方は少なくないです。
深い密接な関係、、、切るに切れない一生の事、、、親は自分の為に一生懸命やってくれた事であって親としてしっかりとあなたの踏み台になってあげていたよ。私なりにちゃんと育てたつもりよ。あなたの親としてやってあげた感を出されて、そして踏み台にしてあげたんだから次が腰掛けになってね!何て雰囲気になってしまう可能性は大きいです。
子供としてはもっと違う踏み台がよかった。自分を思いっきり出す事はなくいつも我慢していた。など、、、思う事は沢山あったりして、、、

先月も書きましたが「置かれた場所で咲きなさい」の著者である渡辺和子さんがこんな事も話してました。「許すって事は勝つ事でもある。許せないうちはその人の事を考えてその人に縛られて生きているのと同じ事。許す事で自分が本当の自由になる」と、、、

そんな簡単な事ではないとも思うけど、、、自分が子ではなく親になってしまったのであればもう考えるをやめる、、、もう嫌な過去は捨てる、、、もう過去に縛られない、、、と何が何でも意識する事が大事!!と思います。
もう過去も親も変えられない、、、でも明日から、、、いやっ今日からは我が子との関係は変えられるはず!!

一カ月でも一週間でも一日でも穏やかな日が続けばそれは楽しい2016年に繋がるはずです。そう、、、自分にも言い聞かせて穏やかに過ごせますように、、、

2015年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします!